管理業務主任者資格TOP

このサイトは、数ある国家資格のなかでも「管理業務主任者」にスポットを当てて、その資格の特徴・特性について網羅的に解説する、一種のポータルサイトとなっています。

さて、管理業務主任者という資格名を初めて目にしたとき、あるいは耳にしたとき、みなさんは疑問に思いませんでしたでしょうか。「管理業務主任者とは一体何を“管理”する資格なのだ?」と。

非常に初歩的な話となりますが、まず管理業務主任者というのは不動産関連の資格となります。しかし管理業務主任者が管理するのは不動産全般ではなく、あくまでもマンション限定です。言ってみれば、管理業務主任者というのは「(マンション)管理業務主任者」なのです。

不動産関連の資格について少し知識のある人なら、ここでまた疑問に思うかもしれません。「マンションを管理するための資格なら、マンション管理士という資格が別にあるではないか」と。あるいは「管理業務主任者とマンション管理士のうち、片方が国家資格で、片方が民間資格なのだ」と早とちりをしてしまう人もいるかもしれません。

いえいえ、管理業務主任者とマンション管理士はともに、法律に基づいて定められたれっきとした国家資格です。

同じようにマンションを管理するための資格である管理業務主任者とマンション管理士の違いを知るうえでは、マンションの仕組みから理解する必要があるでしょう。

一戸建てとは異なり複数の住人が暮らすマンションには、その運営・管理を共同で行うための組織として管理組合が設置されます。とは言っても、住人によって組織される管理組合は不動産については素人同然ですので、その業務を管理会社に委託することになります。この管理会社に所属して、マンションの管理業務を代行するのが、管理業務主任者です。

一方、マンション管理士というのは、管理組合からも管理会社からも独立した存在です。その独立性を活かして客観的な立場から、マンション管理に関して助言・指導を行うのがマンション管理士の主な役目となります。

また宅建との比較で言えば、管理業務主任者はマンション管理業を営むうえで必須の資格であり、宅建は不動産仲介業を営むうえで必須の資格となるわけですが、宅建と比べると、管理業務主任者に関する一般的な理解は十分とは言えません。

そこでこのサイトでは、管理業務主任者資格に関して、その仕事内容はもとより、なるための試験や合格するための勉強法などについても幅広く紹介していますので、少しでも興味をお持ちの方はぜひ最後までお読みいただければと思います。

次のページへ