メニュー 閉じる

管理業務主任者として働くこと。

管理業務主任者はマンション管理会社に就職して働くのが一般的です。試験に挑戦するタイミングは人それぞれですが、国家資格を目指すことの意味は大きいようです。先輩たちも頑張っていますよ。試験に挑戦しようと思うことがスタートライン。合格の喜びとともに、自分が変わって行く手応えが感じられるはずです。

働く先輩たちの声

「……結局、管理業務主任者の資格を得たのは就職して5年目のこと。それまでは、“資格がなくても仕事ができないわけじゃない”と、自分をごまかしていたのです。管理業務主任者試験に合格し、国家資格を持って働く先輩たちの仕事ぶりはイキイキしていました。クライアントさんから信頼され、自信を持って頑張っているのがわかりましたね。一念発起し、試験に挑戦して良かったです。合格できた喜びはもちろん、業務管理主任者に資格を得たことで、職場や上司の期待感を感じています……」(会社員・男性。34歳)
*         *         *          *      
「……管理業務主任者を目指したこと、試験に合格したことで自分に自信が持てました。周りからは“マンション管理のプロ”として認められます。最近では新しいマンション管理の現場を任されることで、仕事への責任感が増しました。モチベーションも上がったと思います。また、新たな資格に挑戦しようと考えています……」(会社員・女性。27歳)
*         *         *          *  
「……不動産業界に興味があり、マンション管理会社から内定をもらいました。面接中に管理業務主任者のことは聞いていたので、できるだけ早く試験にトライしようと考えていました。入社2年目に合格し、同時に実務経験を積んでいきました。働きながら勉強したのが、仕事にもいい影響があったと感じています……」(会社員・男性。27歳)
*         *         *          *  
管理業務主任者として働く先輩たちの声を抜粋しました。確かに資格があるかないかでモチベーションは違います。資格手当が付いたり、責任ある立場を任されたりして、やりがいが大きくなるのは間違いありません。また、国家試験に挑戦することで自分が成長できるのです。合否があるので、思ったような結果にならないかも知れません。でも、そこで諦めてしまうのか、チャレンジを続けるのかが分岐点になるのです。

おすすめの通信講座

口コミ情報で好評を博しているフォーサイトの詳細はこちら!>>

こちらの記事はいかがですか?