資格・仕事

管理業務主任者とダブルライセンス

マンション管理会社には管理業務主任者を雇用する義務があり、また管理業務主任者による管理を必要とする老朽化したマンションの数は今後ますます増えることが予想されます。

その意味では、管理業務主任者が安定性と将来性を兼ね備えた優良資格であることは間違いありませんが、とは言っても、既に9万人近い管理業務主任者試験合格者がいるわけで、そうした先輩たちと肩を並べて戦っていくためには、自分なりの武器が求められるのもまた事実です。

もちろん、管理業務主任者としての経験を積み、そのスキルをより一層磨くというのもひとつの手だとは思いますが、個人的におすすめしたいのはダブルライセンスです。
ダブルライセンス、すなわち管理業務主任者資格に加えて、もうひとつ別の資格を取得することで業務の幅は格段に広がりますし、また社内でのあなたのプレゼンスもぐっと高まるはずです。

ダブルライセンスの最有力候補は、やはり何と言っても宅建資格です。
管理業務主任者が、マンション管理業を営むうえで必須の資格であるのに対して、宅建は不動産仲介業を営むうえで必須の資格。毎年20万人近い受験生が挑戦する、不動産分野の花形資格でもあります。加えて、管理業務主任者試験と宅建試験とでは学習範囲が一部重なるところも、ダブルライセンスに適していると言えます。

学習範囲が重なるという意味では、マンション管理士資格もおすすめです。
このサイトのいちばんはじめにもご紹介しましたが、マンション管理士というのはマンション管理に関するコンサルタント。その知識を、管理業務主任者としての仕事に活かすこともできますし、逆にマンション管理士として独立・開業して、管理業務主任者の知識を活かすといったことも可能です。

その他の不動産関連資格としては、建築士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、そして少し法律寄りになりますが、司法書士などの資格があります。
ただし、これらはそれぞれに専門性が非常に高く、また取得するための試験の難易度もたいへん高くなっています。個人的にダブルライセンスにおすすめなのはやはり、これらの資格と比べて取得難易度の低い宅建とマンション管理士ですね。

TOPへ