資格・仕事

管理業務主任者の年収

資格の魅力を語る際、「稼げる資格なのか?」「平均年収はいくらなのか?」といったことがたびたび話題にあがりますが、受験勉強に長い時間を費やし、せっかく苦労して取得するのですから、そこに金銭的な対価を求めるのは当然です。

しかし、殊に管理業務主任者に限って言えば、他の資格ほどには年収についてあれこれ議論されることはありません。その理由は、前のページで確認した、管理業務主任者の仕事の特性に関係があります。

繰り返しになりますが、管理業務主任者はマンション管理会社に就職して働くのが一般的です。つまり、管理業務主任者というのは一般企業に勤めるサラリーマンと基本的には同じ。それは、年収についても同様のことが言えます。

管理業務主任者の年収については、客観的な統計データがあるわけではないのですが、平均年収は300~500万円だと言われています。まさしく一般企業に勤めるサラリーマンの平均年収とほぼ同じです。資格取得を機に一攫千金を夢見る受験生にとっては、やや物足りない金額かもしれませんが、そこには金額プラスαの魅力があることを申し添えておきたいと思います。

「プラスαの魅力」とは何か?一言で言うならば、それは安定性です。

ちなみに、この安定性には2つの意味があります。
1つは、マンションの管理会社というのは、管理する組合の数に応じて管理業務主任者を雇うことが法律で義務付けられています。マンション管理会社も営利企業ですから、事業を拡大するためには、管理する組合の数をどんどん増やさなければなりません。そして、管理する組合の数が増えれば増えるほど、管理業務主任者が必要になってきます。管理業務主任者の立場からすれば、まさに“売り手市場”とも言うことができるでしょう。

もう1つは、マンション管理の仕事はマンションが存在する限りなくなることはありません。現在、日本には何百万戸といった単位のマンションが存在しますが、その多くは戦後まもなくや高度成長期に建てられたものであるため、深刻な老朽化の問題を抱えています。長期修繕計画の作成や、保守点検の外注の企画・調整などに携わる管理業務主任者の出番は、今後ますます増えるであろうことは想像に難くありません。

管理業務主任者の平均年収の額については物足りなく感じられるかもしれませんが、安定性や将来性という点も加味すれば、管理業務主任者は間違いなく優良資格と言えます。

次のページへ