メニュー 閉じる

管理業務主任者の独学デメリット

管理業務主任者の勉強法を知りたがっている方は本当に今、たくさんいるだろうと思います。

それで、勉強法っていうと、「テキストをどんなふうに読んで、問題集をどんなふうに解いて」……なんてことをイメージする人もたくさんいますね。ところでもうひとつの切り口もあります。

それは、「誰に教えてもらうか」それか「誰かに教えてもらうか、それともいっさい教えてもらわないか」という切り口です。

資格の勉強だと、よく「独学」という言葉を見かけます。管理業務主任者でも、独学の話題はよく出ていると思います。

高い授業料と通学

僕自身は、独学は結局選びませんでした。予備知識がゼロだったわけではないですが、具体的な知識や経験はありませんでしたから。独学で合格できるとはどうしても想像できませんでしたね。

といっても、全然独学に心惹かれなかったわけではないですよ。最初は、どこかの学校に通うのがおっくうでした。通学すると、独学と違って高い授業料を払わないといけませんし、毎日のように学校と家を往復するのもしんどそうで、思い浮かべるとやっぱり鬱な気分になりました。

通信講座の勉強しやすさ

そこで運よく通信講座とめぐり会えたのはラッキーでしたね。通信講座の中身をのぞいたら、独学に近い時間の使い方ができるとすぐにわかったので、「これだ!」と思いました。

DVDで教えてもらえるのもよかったですね。テキストだけだと「管理業務主任者の受験勉強を、教えてもらっている」という気分にさっぱりなりません。第一、ひとりで管理業務主任者のテキストをえんえんと読んでいても頭に入りませんから。

僕の体験を押し付けるわけではないですが、独学で管理業務主任者を勉強するのは無茶な気がします。ひとりで自主的に勉強するのはしんどいですし、失敗したときの喪失感は巨大だと思います。独学は、やっぱり避けてほしいとしか思えないですね。

おすすめの通信講座

フォーサイトの詳細はこちら!>>

こちらの記事はいかがですか?