メニュー 閉じる

勉強法を知れば合格が見えてくる。

管理業務主任者試験の合格率は約20%。確実にその中に入るには勉強法がポイントです。主な勉強法には通信教育の講座を選び、自宅で受講する「通信」。専門学校や予備校に通う「通学」。自分一人で頑張る「独学」の3つの勉強法が知られています。

その中で一番効率よく学べるのは「通信」です。それぞれ良さはありますが、管理業務主任者試験合格のためには、ぜひ「通信」で学んでください。

通信の良さ

好きな時期から始められる

好きな時期と言うのは、「12月の試験本番に備え、合計学習時間を想定して始める時期」のこと。合計勉強時間を1日の勉強時間で割って日数を算出します。その通りに進むとは限りませんから、余裕を持ってスケジュールを立てます。

好きな時間、好きな場所で勉強できる

送られてくる教材を使って、いつでもどこでも勉強できます。基本的には自宅でしょうが、気分を変えるなら図書館へ出掛けたり、カフェでテキストを読んだりすることもできます。

CD講座はiPodにダウンロードして聞いたり、DVD講座はポータブルプレーヤーを携帯して外出先で視聴したり、時間や場所の制約はありません。管理業務主任者試験の勉強はちょっとしたことで効果が上がります。

気分よく勉強できる環境づくりは重要な要素のひとつです。「通学」のように、決まった時間に通う必要はありません。仕事をしながらの勉強では、時間的・場所的な制約は思った以上に負担になります。

合格のためのカリキュラム

合格のためのカリキュラムが整い、合格に適したテキストや問題集が自宅に届きます。「独学」で苦労するのはテキスト選びです。たくさんの種類があり、どれがいいかひとつ選ぶことは難しいものです。

受講料が安い

受講料が比較的安いのもいいですね。「通学」に比べると経済的な負担が軽くて済みます。ただ、その場で質問できないというマイナスはありますが、ネット環境さえあればメールによる質問ができますから、まったく問題ありません。業務管理主任者試験に合格する──「通信」で勉強すれば手応えと自信が得られます。

>口コミ情報で好評を博している通信講座はこちらから!>>

こちらの記事はいかがですか?